« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の記事

● 今日は少し歩こう!

6月28日(火)、最寄りのバス停を6時16分に出発。

そう、行先は今週も金剛山。

このところ風の強い日が続いている‥。

新しい武器を得た友は「何とかして釣行するのでは?」と思いながら、

バス車内より釣り車の駐車場を眺めると‥

車が止まっていた。

やっぱり釣行は無理だったようである。 これは、仕方ない‥。

河内長野駅で朝食と少しの食料を購入。

バス停近くのベンチで朝食とした。

「金剛山登山口」で下車。

「つつじ尾」の入り口に行ってみると「侵入禁止」の立て看板!

仕方なく‥

と、一瞬思ったが こっそり 右の尾根から入山した。

002

地味に本道5合目へと向かう登りを楽しむ。

入口から暫くは伐採の跡があったが、そこそこから上は何もしていないようだった。

003

「本道」へ出て少し登ったところから、また連絡道から「つつじ尾」の「二の滝」の上へ向かう。

途中から「タカハタ尾根」へ。

004


007


朝早い爽やかな日差しが緑の上から降り注ぎ、美しく緑が輝く!

013


019


「タカハタ尾根」あたりから、私の好きなヒグラシの声が聞こえてきた。

きれいな山鳥の声が涼しげに耳に届く。

020


022


023


026


約1時間半かけて山頂へ。

「やっぱり‥ 今日は紀見峠まで行こう!」ということでダイヤモンドトレイルを行く。

027


030


031


035


「中葛城山」で1~2分休憩。

駅で買ってみた150円の高級オニギリを頂くためであ~る!

036


万が一、この気温のせいで腐ってしまっては‥ 

私は‥

泣いてしまうかもしれない‥  

から、早めに頂くことにしたのだ 

042
遥か向こうに望む「熊野の山々」。

素晴らしい景色だった!

040


045


046


051


052


053


055


058


059_2


060


064


065

068


070


071


072


073


074


076


077


078_2


途中、ソロの登山者3組。

うち一組み(一人)は少々大きめの荷物を担ぎ、明らかに「夏山のためのトレーニング」だった。

 紀見峠近くではおばさん3人組のパーティーが道をふさいでいて‥

すぐ近くまで来た私は驚かせないように、小声で「すみません‥ 通りますぅ‥ 」と気を使った。

のだが、おばさん達は私に気付いていたようで(当たり前か‥)、「ごめんネ!」とほんの少しだけ‥

ほんの少しだけ横に寄ってくれた‥  

何度も言うが‥  ほんの少しだけである  

  なんだか悲しいなぁ

  ( 金剛山登山口 8時00分 ~ 紀見峠駅 13時30分 )

● 美

6月21日(火)。

  自宅近くのバス停から6時16分のバスで金剛駅へ向かう 。

金剛駅から河内長野駅へ 。

そう! 河内長野駅から南海バスで金剛山へ向かうためであ~る 

途中、( 狭山の街を行く )バスの車中から駐車場にある友の釣り車が見えた 

思わず連絡をしようか? と思ったが

昼間にテニスを誘うのとは違い、休日の早朝にいきなり 「 今から山へ ‥ 」 は余りにも非常識過ぎて

さすがに ‥  出来なかった 

  河内長野駅のコンビニで買った朝食を片手にバス停留所に向かうと、既に一人の先輩がベンチに座っていた 。

見覚えのある先輩だった 。

「 おはようございます! 」 と私の声に振り向いた先輩は

  「 おはよう! 久しぶりやね~! 」

「 はい、ずーーーっと ( 山 ) サボっていたんです 」 と私 。

  「 どこかの違う山に行ってたん? 」

「 いいえ、テニスに浮気しているんです ‥ 」

  「 あぁ、それで ( テニスの ) 日焼けしてるんやなぁ! 」 なんて話していると

三人目の登山者 ( 常連さん ) がやって来た 。

「 これで朝食にありつける! 」 と心で呟きながらサンドウィッチを頂く 。

先輩たちは夏山の話から、山初心者の育て方などの話に花を咲かせていたっけ ‥ 。

金剛山登山口で下車 。

( 「 いつもならもう少したくさんの方達が登山口で降りるんだけど ‥ 今日は少ない ‥ 」 なんて思いながら )

豆腐屋さんを左に行くのは私ともう一人だけだった 。

「 先行する先輩はどこから入るのかな? 私はカトラから ‥ 」 なんて思いながら林道を歩いていると山の作業をする車が1台、2台、3台 ‥ 5台程走って行った 。

「 そういえば ‥ カトラ ( ワサビ ) の入り口辺りは工事をしていたよなぁ ‥ 」

「 って事はこのままソコへ行くと ‥ 」

「 ココは工事してるから危ないぞ! アカン! アカン! 」 って怒られるに違いない 。

( カトラの向こうの青崩は好みではないのである )

仕方なく少し手前から入山することにする 。

005_2 この両サイドの尾根から山頂へ行けるのである 。

が、確か両サイドの尾根とも薄暗く地味だったはず ‥ 。

特に右の尾根 ‥ 。

「 うん! 左の尾根へ! 」

と思うんだけど 「 入り口付近に緑が生い茂り、入れない ‥ 」

( おまけに斜面が急なのである 。 そら登山者も来ないわな!

すると沢筋にコースサインが有るではないか

しかも結構しっかりした踏み跡も!

「 確か ‥ 以前この沢筋はコースでは無かったはず ‥ 」

何となく 「 いやな予感 」 がするが、こんなにしっかりコースサインが出ているのなら‥ 」 ってことで沢筋を行ってみることにした 

初めの50m位は安心して歩けたんだけど ‥

徐々に緑が生い茂りだし、それでも緑の下におぼろげに見える踏み跡を探しながら進んだ 

ちょいちょいある薔薇のトゲに引っ掻かれながら ‥ 。

でも300~400mまでが限界だった 

何処からか左の尾根に入れれば良いんだけど、あまりに傾斜が急で ‥ 。

仕方なく入口まで引き返し、別の場所から狙いの左尾根へと ( 無理に ) 入った 

湿度の高い地味な山道ではあるが、間違いなく山頂へと向かう道に入れたことに安心した 。

008_4 011_2 010_2 雨は降ったり止んだり 。

なんだけど、緑についた雨が降り落ちてくるので、常に雨が降っているのと同じである 。

012_2 015_2 018_2 少し登るとガスがかかり出し、雨の山の美しい景色が私を楽しませてくれた 。

019_2 気付けば、タカハタとの出会いに到着 。

023_2 ここからもう少し登ると美しくもたくましいブナが私を待っている。 024 026 029 030 036 037 041 心地よい汗が体中から噴き出ている。

「 気持ち良い! 」

汗は出るけど、息は全く上がっていない 。

良いペースで歩けているようである 

044_2 誰とも会わず ‥

045 山頂へ。

山頂で山を降りるバスの時刻表を見ると‥

以前とは少々変わっていた 

( 1時間に1本ってのは変わっていなかったけど ‥ )

入山に手こずってしまったのもあり、自分の予定のバスに乗るのは無理だった。

仕方なく ‥

小屋で400円のコーヒーを頂き  時間調節する。

朝早めの小屋のコーヒーは美味しかった 

  下山は 文殊尾根 ~ 馬の背 ~ 穴熊 ~ ロープウェイ前バス停。

046 048 051 052 下山は少し寒く感じたのでストームクルーザーの上だけ着ることにした 。

景色優先のコースチョイスは大正解だったようで ‥

下山中も、何とも言えない美しさに度々足を止めた 

● 調子に乗り過ぎてはいけません!

009_news_photo_01_2 02_2 6月20日(月)、雨・曇り 。

愛用の 山靴のソールの張替 に天王寺に行こうと南海高野線金剛駅に 。

「 そうや! このついでに梅田を見に行ってみよう! 」 と唐突な私の言葉

嫁さんは 「 うん! そうしよう! 」 と 、

あっさり決まった 

予定は ‥  このまま まずは梅田に行き数店の山のお店を巡り、後は梅田の街を巡り ‥

帰りに天王寺に寄り山靴を修理に出す 。

まずは昔からお気に入りの 「 IBS石井スポーツ 」 。

約2年前に改装しているので、以前とは全然違う ‥

言うなれば 「 今風 」 になっている 

昔は 「 ち  ち  ちょっと入り難い ‥ 」 そんなマニアックな空気に満ちていたが、

今は 「 山ガールや森ガール達にも受け入れられるであろう ‥ めっさ爽やかな雰囲気 」 になっている 。

が、しかし ‥

どこかしら違和感を感じた私は店内を さーーっ と見て店を出た 。

少々気になる衣類もあったが、何かどこかが違った 

次は 「 好日山荘 」 だ 。

靴のコーナーの前で ダメモト で嫁さんに言ってみた 。

「 今まで冬用の山靴で一年を通して履いていたんやけど‥  この際、夏用を買って頂けませんでしょうか ? 」

暫く無言の嫁さんは 「 うーーむ! まぁ良いでしょう

「 でも、その代わり買った靴は一生履いて貰うでー! 」 と嫁さん 。

「 ははーーーーーぁ! お代官様! 」 と床にオデコを擦りつけた私であった 。

( それ位に有り難かったってだけで、本当に擦りつけた訳ではありませんよ )

許可を頂いた私はそこに居た若い店員さんに

「 すみませ~~~ん! 横幅の狭い靴の ‥ 今のお薦めを教えて下さい! 」

( 上下ジャージで買い物をしに来た私を見たとたん店員さんは ‥ )

「 はい! 暫くお待ち下さい! 」 と何処かへ ‥ 。

( 何も仕事をしていないから、あなたに声をかけたのに‥  ??? )

すると年配のお父さんがやって来た 。

靴コーナーの責任者だった 。

「 お客さん、この辺りに置いているのが横幅が狭いですよ!  サイズは? 」

「 28~29センチです 」 と言うと、足のサイズを測定するヤツで測ってから

「 うん。 お客さんは27センチだから‥ 靴のサイズは28センチで大丈夫でしょう! 」

と、まず3足持って来てくれた 。

その一足一足の特徴を話してくれている中、私は試履きを開始 。

「 この中ではコレですけど‥ まだまだ横幅が広いです! もっとタイトなヤツを ‥ 」

すると、また3足を持って来て ‥

その一足一足の特徴を教えてくれる 。

「 今までの中ではこの靴なんですけど ‥  足先の遊びが多すぎます! 」

するとまた2~3足を ‥

「 横幅は良くなってきているですけど‥ 踵のフィットが悪く‥ 踵が浮きやすいです! 」

するとまた2~3足持って来てくれる 。

「 踵も踵ですけど‥ もう少し踝 ( くるぶし ) の下を絞ってあるモデルはありますか? 」

ちょっと待ってて‥  とまた2~3足 。

てな訳で、またたく間に私の周りは山靴だらけに! 

しかし ‥

このお父さん ( 店員さん ) が持ってくる靴の全て、私の注文をクリアーしているので

お父さんが持って来てくれる度に私の理想の靴に、確実に近づいていくのである 

これぞ正しく プロ である

程々にアドバイスして、程々にホッタラカシにしてくれる。

そして、靴を持って来てくれる度に私の理想の靴に近くなるのである 

こんなに気持ちの良い靴選びは初めてである 

結局、 「 スポルティバ 」 の靴に決定。

折角だからインソールも!

ついでにヘッドライトも!

ついでのついでに ‥ パンツも!

と思いパンツを見ていると、嫁さんの表情が少々険しくなっているではないか!

「 これはイカン! 」 思い

「 スミマセンでした! 調子乗ってました! 」 と詫びを入れた私であった 

皆さん! 調子の乗り過ぎには気をつけましょう! 

● 思い込むのである!

Info_img11_3 6月15日(水)、美容室 YOU AS YOU ARE より。

お客様がいらっしゃらない時間に 玄関を開けっぱなし にしていると 、

気がつけば店の片隅にたくさんの小さな虫達が ‥  

音も無く飛んでいた  

なかなかの量 ( 数 ) である  

あまりの数だったから 「 アースジェット 」 でやっつけた 

冬でも無く 、真夏でもない季節は開けっ放しが気持ち良い ‥  そんなことありません ?

私はそんなタイプなんです。

で、 「 虫コナーズ 」 を店先に設置してみた。

  う~~~ん ‥

  効いているかなぁ ‥

  効いている気がする ‥

  効いているだろう ‥

  いや、効いているハズである !

そう!  「 効いている! 」 と 思い込むことが大切 なのであります! 

● キチッととまるぜ!

ちょっとした‥

ほんとにちょっとした 業務連絡 です 。

「 クレイツ 」 の 「 ヘアクリップ 」  なかなか良いで~ !

Dtl_photo 値段もなかなかやけど ‥  

● 極秘

G20110308000388770_thum 6月9日(木)、朝のテレビで ‥ 。

昨日8日、辺見えみりさんと俳優の松田賢二さんが 「 極秘結婚 」 とのこと 。

辞書によると ‥

極秘 」 ‥ ● 絶対に秘密であること 。

          ● 外部には絶対に漏らしてはならないこと 。  とあった。

  間違いなく ‥ 

   完璧に ‥

    100% ‥

         「 だだ漏れ 」 である  

● パチモン

1_2  6月7日(火)。

  昔、子供の頃 ‥ 。

私にとって 「 オロナミンC 」 っていったら 「 大人の飲み物 」 であった 。

たまに親から一口飲ませてもらって、「 これが大人の味なんやぁ! 」 なんて思っていたのを覚えている 。

そんな 「 オロナミンC 」 も、いつ頃からか飲みたい時に飲めるようになり ‥ 。

ただいつも感じていた 。

「 この量、少な過ぎない? 」 って 。

しかし、この頃は 「 これが大人の量 ‥ 丁度良い! 」 なんて、勝手なことをつぶやきながら風呂あがりにゴクゴク頂いていたりする 。

その 「 オロナミンC 」 を買い出しに行くと  ‥

狙いの 「 オロナミンC 」 の隣に 「 ミンナミンC 」 とやらがあった 

「 これって間違いなく ‥ 

    真似してるよねぇ 怪しすぎる

手にとって眺めていると ‥ 知らぬ間に近くまで来ていた店員さんが

「 内容成分も、味も全く一緒ですよ! お安いのでお薦めですよ

この容姿にこの商品名、そのうえ同じ味で ‥ 内容成分まで一緒って ‥ 」

こんなことあって良いんでしょうか ?

せこい私は思わず買ってしまった 

  感想は ‥

「 オロナミンC 」 の味を少し薄めて、炭酸も少し弱めた感じ。

私的には 「 オロナミンC 」 の方が断然美味しい

● やるなっ! 「 BOSS 」

2 「 BOSS 」 ってTVドラマ知ってます?

うちの嫁さん、ハマっております 

私はドラマ ( 連続モノ ) は苦手なんですが、これはその回その回で完結していくタイプのようです。

しかもコミカルで楽しい感じ 

  なので、私も何となく見たり見なかったり‥   です。

先日も嫁さんは の前に文字通り釘付け。

( 次週までの間に何度か見直す時の為、録画もしている

暫くは私も 見ていたんだけど ‥

途中でテレビをやめ、本を読みだした私でありました 

   BOSSが終わったんでしょうか‥

嫁さんは右の拳を振り上げながら 「 ボーーース! ボーーース! ボーーース! ‥ 」と部屋中を ‥ 。

うちの嫁をこんなに夢中にさせるなんて ‥

私も、

今日あたり録画したやつを最後まで見てみることにします!

● 岳

3_2 4_2 5月31日(火)。

このところ天気が良くないようで ‥

よく映画をみている。

今日は 「 岳 」 だ。

北アルプスの奥穂高岳あたりを中心に描いていた。

私は役者さんには殆ど興味はなく ‥

美しい景色を見に行ったのである。

数年前に奥穂高岳に登っているので、その時を思い出したりしながら‥ 拝見。

変な話だけど、

物語としては盛り上がるラストのシーン以外は何となく楽しめた ‥ 。

( ラストだけ楽しめたのではなく、ラスト以外は楽しめた

もちろんの事、場面場面では ‥

 「 そんな事出来ますかいな! 」

 「 そんなに早く行けますかいな! 」  

 「 スマンけど‥ それは無理です! 」

などなど、映画ならではのシーンはちょくちょく出てきます。

  印象深かったのは映画の終わり際。

奥穂高岳を中心とした約2時間のお話だったのに、ラストのラスト ‥

「 雲海の向こうに白山 」 の絵で映画が終わったのには

「 ??? 」 だった 

「 何処の山 」 とかは関係なく、「 美しい絵 」 でしめたかったのかな? 

私は 「 ブラックスワン 」 より断然楽しめました。

  私思いまするに 、

  奥穂の肩にある 「 穂高岳山荘 」 を意識的に映らないように撮影をしているように感じたんだけど ‥ 。

  なにかあるんでしょうかね ?

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »