« ●ピーリング | トップページ | ●Badens (バーデンス)② »

●Badens (バーデンス)①

谷口がもう何十年も言い続けている 『 洗う ( 洗うもの )』 の現実と大切さを何回かに分けて、


今までと違う角度から、今までより少し突っ込んでお話しましょう。


洗うもの_ 


私は美容師なので、ここでは シャンプー についてお話します。


私が信頼し hair design TANIGUCHI で取り扱っている Badens ( バーデンス )。

当店のお客様はもうご存知でしょうが



モアコスメティックス が2012年夏に特許を取得したのは お酢系界面活性剤 ( ラウレス-3酢酸アミノ酸 ) ですよね☆



  ●市販されているされているシャンプーの多くは、刺激があると分かっていながら 硫酸系界面活性剤、スルホン酸系界面活性剤、アミノ酸系界面活性剤 を使用し続けています。



そういう意味ではシャンプーの中身や刺激性は何十年も変わっていないと言えると思います。



洗髪回数が週1~2回だった時代と毎日の洗髪が当たり前となった現在では、当然洗浄剤を変える必要があります。



多くのシャンプーで使用されている 硫酸系、スルホン酸系、アミノ酸系洗浄剤 問題点 刺激の強さ です。



肌に残留して肌を荒したり、抜け毛を増やしてしまいます。



一方石けんはキシミが発生したりと、シャンプーとして根本的な機能を十分に満たしているとは言えません。

« ●ピーリング | トップページ | ●Badens (バーデンス)② »